2006年 01月 21日 ( 1 )

夕暮れの雫

夕暮れのお日さまは 少し まぶしくて
うつむいて数えてた
あとを追うほどの姿を見送る 勇気もなくって
指先が ごあいさつを終えたころ
うしろ姿のあなたを追ったのだけれど すでに
届かない声の先の空に ひとつ
気づかれないままの雫が落ちたゎ.。
[PR]
by maitamtam | 2006-01-21 15:38 | 日々