日記・・?


by maitamtam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:はないちもんめ( 6 )

待ちぼうけ

いつから
そこに居たのでしょう
昨日 今日 明日

色を失った端っこで
ゆらゆら
[PR]
by maitamtam | 2007-07-06 08:06 | はないちもんめ

あいたい

ほんのり 紅をさして
にちにち
木漏れ日に 小さな
お花をつけては葉の色に 染まりましょうか?
って
尋ねてる

陽は
日に日に高くなり
思いは本日も 窓の外
小春を
咲かせて


― 日々の花に寄せて ―
[PR]
by maitamtam | 2006-01-31 00:51 | はないちもんめ

ふたり

この雪に残してゆく 瓜ふたつ
ぽつり ぽつり ふたつ片方
もう片方
ねぇ
母さん
この街で出逢えて
よかった
[PR]
by maitamtam | 2005-12-13 01:55 | はないちもんめ

ふたり

この雪がとけるように 寄り添って
小さな灯りを ともす
ねぇ
父さん
この街で出逢えて
よかった
[PR]
by maitamtam | 2005-12-13 01:49 | はないちもんめ

陽は暮れて みかん

陽は 時折り射して 窓辺には秋の花を置いて

見ています

それは 低く通り過ぎてゆくので
花は おじぎをしては 見上げるのですけれども
丁寧に また おじぎをします

暮れてゆきます

みかん色の 届きかけた花片は 小さく
明日の来る陽を お待ちしております と

*

ひさかたのお休みは 一日中窓辺にて過ごし
夕陽の落ちるまでを見送る
花と共に居られることが なによりもの幸せ と
そのように思うのは きっと
思いのほか 病いの心なのかもしれません
花よ 一日中みかん色を 咲かせて
[PR]
by maitamtam | 2005-11-20 15:38 | はないちもんめ

小春

冬が来る前に
もう一度あなたに逢いたいな

紫陽花が咲いて
たぶん梅雨だと勘違いされたのでしょう

優しい雨は
まもなく訪れる季節を知らなくてもいいのですね

小春を 咲かせて
[PR]
by maitamtam | 2005-10-22 22:57 | はないちもんめ